女の人

美容外科の名医によるフェイスリフトで若返りを狙う

コンプレックスの解消法

医者

美容外科は女性が美しさを維持したり、コンプレックスを解消していくための積極的なものです。日本では「整形したんだ」と見下すような発言をされることもありますが、コンプレックスを解消し楽しく毎日を過ごすことが出来る治療法の一つであると言えます。

詳細を読む

気になるほくろを消す

婦人

ほくろは皮膚の表面に現れる黒い点です。ほくろの大きさや場所は人によって変わってきますが、場所によっては美観を損ねる原因にもなります。ほくろ除去をするためには、ほくろ除去クリームを利用したり美容外科など病院で消すことができます。特に美容外科であれば確実にほくろ除去を行うことができます。

詳細を読む

下まぶたから脂肪を除去

女医

美容外科では、目の下のたるみの改善のための、下眼瞼脱脂術がおこなわれています。結膜側を高周波レーザーで切開するため、傷跡は残らずダウンタイムも短めとなっています。また、複数の箇所から小分けに脂肪を取り出したり、EGFやFGFを注入したりすることで、より美しく仕上げるという工夫もおこなわれています。

詳細を読む

たるみ改善のために

ドクター

効果と特徴を知って

フェイスリフトとは、顔のたるみを解消する整形手術全般をさす言葉です。代表的なものに、切開手術によるもの、糸によって引き上げるもの、糸によって肌内部から刺激を与えるもの、レーザーなどを照射するもの、薬剤を注射するものなどがあります。方法によって効果や特徴は異なり、名医かどうかなど医師の技術により出来上がりが左右されることもあります。負担が大きいフェイスリフトが切開手術、糸を埋め込むものなどです。こうした方法は比較的即効性が高いという特徴があります。しかし名医の手でないと副作用やリスクも大きくなります。レーザーや注射系の方法は名医でなくても副作用の心配が少なく、負担が少ない方法です。しかし効果の持続性や即効性は低いため、半永久的な効果を望む人には向きません。

医師の選び方が大事

フェイスリフトは、負担の大きい方法の方が比較的効果が高いものが多い整形です。近年では糸により引き上げるタイプのフェイスリフトが負担と効果のバランスがよいとして特に人気を集めています。しかし、少しでも肌を切開する可能性がある以上、リスクはつきものです。そのため、名医でなくても、最低限腕が確かな医師に依頼することが重要となってきます。よい医師かどうかは、実績があるかやカウンセリングのときの態度などである程度見極められます。実績が多ければその分経験も多く、腕があることが推測できます。また、手術におけるリスクやデメリットなどもきちんと説明し、手術を強要しない姿勢がある医師の方が信頼できます。口コミや直感も気にして医師を選びましょう。